産み分けのタイミング

排卵日検査薬を使った産み分けのタイミングと通販での購入方法

産み分けに重要なおすすめタイミング

受精した瞬間に赤ちゃんの性別は決まっています。精子にはY染色体を持つY精子とX染色体を持つX精子があり、Yは男の子、Xは女の子を作る遺伝子です。

タイミングが重要と言われる理由は、それぞれの精子が持つ特徴を踏まえることで、どちらの精子を受精しやすくするかをある程度コントロールできるからです。

例えば、Y精子は泳ぐスピードは速く量も多いのだけど、スタミナに難があるようで寿命が短く酸に弱い。一方、X精子はその反対で、泳ぐのはゆっくりで量も少なめだけど、寿命は比較的長く酸に強いという具合です。

まるで、スプリンターとマラソンランナーのようではありませんか。生命の誕生というのはまさに、たった1つのゴールを目指す壮大なレースなのです。それも1位以外は死んでしまうという非常に過酷なレース。

では、Y精子とX精子の特徴を踏まえた上で、排卵とのタイミングの関係を考えてみましょう。卵細胞の寿命は短く、せいぜい24時間程度と言われています。ちょうど、Y精子と同じくらいです。

よって、もし男の子を授かりたいなら、そのタイミングはまさに排卵するそのとき。排卵する1日前の夜か、遅くても排卵日当日には性交する必要があるのです。

反対に女の子が欲しいなら、排卵予定日の2~3日前に性交するのが、寿命が長く泳ぐスピードが遅いX精子にはちょうどいいタイミングと言う訳です。いずれにせよ、排卵日を知らなければこのタイミングはなかなか計れません。という訳で、産み分けに興味がある方にはぜひ、排卵日検査薬をおすすめしたいのです。

多くの排卵検査薬では排卵の24~36時間前から判定することが出来ます。排卵直前のその時間帯に値が上昇すると言われるLHホルモンを測定するからなのですが、それでは、もし女の子が欲しいとき(排卵の2~3日前)を判定するのは難しいということになります。

そう、実は排卵検査薬を使ったとしても、1日前や当日ならともかく、排卵の2~3日前を判定するのはけっこう難しいことなのです。

そこで、女の子を作るためにもっと早い段階で陽性反応が欲しいという方は、比較的感度が高めな海外の排卵検査薬を使うことをおすすめします。人気がありおすすめなのは排卵日の2~3日前が判定できるとはっきり謳っているワンステップ排卵検査薬でしょうか。

次のページでは、女の子を期待しているけど、早めの排卵の特定が難しそうで不安という方に安価な排卵検査薬よりハイテクな排卵検査器「クリアブルー」ご紹介したいと思います。



ワンステップ
排卵検査薬


クリアブルー・
イージーデジタル


クリアブルー排卵検査器
タッチパネル式

HOMEへ戻る