排卵検査薬が反応しない

排卵日検査薬を使った産み分けのタイミングと通販での購入方法

排卵検査薬が反応なしor色が薄い=陰性?

排卵検査薬を使っていると、検査結果が微妙で戸惑ってしまうことがよくあります。

排卵検査薬は、排卵前に上昇する黄体形成ホルモンの量を察知し陽性反応を示す簡易検査薬ですから、ホルモンの濃度によって色が薄くなることがあります。

このとき、既に陽性と考えて良いのかと迷う方もいると思います。基本的には、排卵検査薬には判定用の基準線がついており、それより薄い場合は陰性とされています。

しかし忘れないでいただきたいのは、黄体形成ホルモンはいつもある程度は放出されているということと、ホルモンの分泌量には個人差があるということ。

つまり極端なことを言えば、早めに陽性ラインが出てくることもあれば(ホルモンが普段から多い)、最後まで基準線より薄い陽性反応を示し続ける(ホルモンが比較的少ない)人もいるのです。

この場合は自分のホルモン量では扱いにくい排卵検査薬を使っているということですから、感度の違う別のメーカーのものと比べてみると良いでしょう。排卵検査薬のポイントは、排卵に向けて黄体ホルモンが上昇しているかどうか、です。

ホルモン量の個人差により基準線の色を越えなかったり、反応が早すぎたりすることもあると思いますが、大事なのは「ホルモンが上昇しているかどうか」ですから、はっきりしないなと思ったら検査薬を変えるか、少し様子を見てもう一度検査をしてみましょう。

何らかの変化があれば、排卵日が近いと判断しても良いと思います。

また、排卵検査薬はまったく反応しないパターンもあると思うのですが、これは根本的に排卵期の予測がずれているか、尿の量が足りない、もしくは製品の不備など、何らかの理由でエラーが起きていると思われます。

これは迷ってもしかないものですから、諦めて次の検査ができる時を待ちましょう。



ワンステップ
排卵検査薬


クリアブルー・
イージーデジタル


クリアブルー排卵検査器
タッチパネル式

HOMEへ戻る