日本製と海外製を比較

排卵日検査薬を使った産み分けのタイミングと通販での購入方法

排卵検査薬は日本製・海外製どっちが良い?

日本製の排卵検査薬と海外製のものを比べたとき、一概にどちらの方が優れているとは言えません。一長一短と言えるでしょう。

まず、アナログ式の検査薬であればどちらも検査の信憑性は変わりません。あとは品質とスピードの問題かと思われます。

海外から購入したものですと管理が杜撰かもしれないという不安やちゃんと届くのかという心配は付きまとうと思いますが、排卵検査薬においては国内製のものも海外を経由して発送されるのでこの点はどこ製のものかは関係ありません。

だから製品そのものの品質も手元に届くまでの管理方法についても、国内製だろうが海外製だろうが大きな違いはない。じゃあやっぱり国内製のものを調剤薬局で直接買った方が良い、ということでしょうか。

お近くに排卵検査薬を取り扱っている薬局があれば、直接買いに行った方が早いでしょう。排卵検査もしたいときにできなければ意味がありませんから、衝動的に検査がしたくなったときは早く手に入れられるに越したことはありません。

ただしデリケートな製品ですから、何度も検査したいとかもしかしたら長期戦になるかもという方はいちいち薬局に足を運び、国内製の7回入り排卵検査薬を購入するのはすこし大変かもしれません。

また、排卵検査薬を使用する際のコツとして、ケチらずに使うというものがあります。排卵のタイミングは月に1度きりですから、多少もったいないと思ってもこまめにホルモンの量を追っていった方が良いでしょう。

ご自分に合った検査薬を見つけられることが理想ですからどの検査薬がベストとは簡単に言えませんが、「ケチらずに使う」を実行する場合は安価な海外製のものが有利だという点は間違いありません。



ワンステップ
排卵検査薬


クリアブルー・
イージーデジタル


クリアブルー排卵検査器
タッチパネル式

HOMEへ戻る