産み分けのセックス方法

排卵日検査薬を使った産み分けのタイミングと通販での購入方法

産み分けに挑戦する際のセックス方法

X精子とY精子には寿命や泳ぐスピードの違いもありますが、他にも酸への耐性とか数の違いといったものが存在します。それらも考慮にいれながら性交を行うことで、産み分けの成功率をあげることができるのです。

ではどのようにすれば産み分けの確率が高まるのでしょうか。

もし女の子を授かりたいのであれば排卵日の2日から3日前に性交を行うことでその確率が高まりますが、加えてできるだけそそくさと行為を終えることでさらに確率が高まると言われています。

これは、女性をあまり感じさせないようにするための工夫です。

なぜなら、女の子を作るX精子は比較的酸性の環境に強く、膣内は基本的に酸性に傾いているものなのですが、オーガズムを繰り返すことで膣内はアルカリ性に傾いていくからです。

あらかじめX精子に有利な2~3日前を狙っても、膣内がX精子にとって快適な状態でなければ生きられる可能性は低くなってしまいます。さらに、その後Y染色体に邪魔されないように、性交を行わないのも大事なことだと言うことがお分かりになると思います。

反対に男の子が欲しいときは、排卵日とタイミングを合わせ、できるだけ情熱的な性交を行いましょう。Y精子は比較的アルカリ性に強く、女性が感じた状態ではY精子の方が有利に動くことができます。

寿命の点で不利なY精子の数をできるだけ増やしておくために、男性はある程度禁欲をしておくことも重要になります。

酸性とかアルカリ性とかという膣内の環境をコントロールできるゼリーもありますので、感じる、感じないのコントロールなんて簡単にできませんという方は利用すると良いでしょう。

また、産み分けには排卵日の特定ができることが第一条件になります。産み分けに挑戦する場合は特に排卵検査薬や基礎体温計を駆使してご自分のリズムを知ることから始めましょう。



ワンステップ
排卵検査薬


クリアブルー・
イージーデジタル


クリアブルー排卵検査器
タッチパネル式

HOMEへ戻る