排卵検査薬の使い方

排卵日検査薬を使った産み分けのタイミングと通販での購入方法

排卵検査薬の基本的な使い方

排卵検査薬の基本的な使い方はご存じでしょうか。

具体的にどんな風に使うかも知らなければ戸惑ってしまうかもしれませんが、そもそもどんな目的で、どんな人が使うものなのか。一言で言えば排卵検査薬は、妊娠したいと考えている全ての女性が使うと良いとされるアイテムです。

排卵検査薬がなければ妊娠できないなんてことはもちろんありませんが、排卵検査薬を使うことで効率よく妊娠に適したタイミングを計ることができる。つまり妊娠の確率が上がるのです。

特に自分は妊娠しにくい体質だと考えている方、妊娠のタイミングをコントロールしたい方には必須の妊活アイテムとなるのが排卵検査薬。原理は簡単で、排卵期の前に上昇するという黄体形成ホルモンの分泌が察知できる試験紙で、排卵の36~24時間前のタイミングを察知するというものです。

排卵のタイミングを前もって知ることができるから、性交に適したタイミングを知ることができるという訳なのです。

基本的な使い方は、多くが尿を試験紙にかけて(もしくは浸けて)から、水平な場所において数分待つだけ。一定時間が経過して陽性であれば36時間~24時間以内に排卵が起きるということです。

何秒間尿をかけ、判定までに何分かかり、どんなマークが出るのかは排卵検査薬の種類によって多少の違いがあるので一概には言えませんが、ほとんどの検査薬で尿を使用する手軽な検査法でご自分の排卵のタイミングをはかることができるものなのです。



ワンステップ
排卵検査薬


クリアブルー・
イージーデジタル


クリアブルー排卵検査器
タッチパネル式

HOMEへ戻る